0%

老中による合議制の仕組みに作りあげたことで265年の永続を築いた徳川幕府

組織永続のポイントは「権限の委譲」にあり!    「関ヶ原の戦い」で勝利し名実ともに「天下人」になった徳川家康はその3年後の1603年に江戸に幕府をひらきました。  徳川幕府のスタートです。  その後、この徳川幕府は将軍としては15名・期間としては実に265年と言う長きにわたり日本のかじ取りを行ったわけですが、その要因はどこにあったのでしょうか?...

実質的なトップでありながらも1歩下がった位置で幕府(会社)の未来を見守った徳川家康

会社の永続を求めるならトップの自分がいなくなった後を考えることが重要!   先日、非常事態宣言が解除されたこともあり、久しぶりに対面でお酒を飲む機会がありました。  そのお相手は現在中小企業の副社長をされている友人。  お父様が現在社長で友人がいわゆる「二代目」と言うことで現在やられているのですが、堅実な経営をされている非常に良い会社です。。...

「ほめる」「しかる」に根拠を追加することで家臣の理解度を高めた秀吉のマネジメント

抽象的な「ほめ方」「しかり方」では部下のモチベーション・気づきにはつながらない!  会社の仕事にかかわらず私たちはほめられればうれしいですししかられれば落ちこむものですが、あなたはこんな経験はないでしょうか?  「ほめられているみたいだけどなぜほめられているのか分からない」もしくは「しかられているけどなぜしかられているのか分からない」と言うことです。  私もこう言う経験があります。...

「理念」と「評価」を一致させて家臣のモチベーションを維持させた信長のマネジメント

「理念」に沿った「評価体系」を設計しないと社員のモチベーションは低下する! 先日、コロナでの緊急事態宣言解除後はじめての経営者セミナーを開催させていただきました。まだまだ予断を許さない状況ではありますが、対策を万全にした状態で再開しております。 今回はその際に参加されたある経営者様のお悩みをご了承いただきましたのでご紹介させていただきます。 その経営者様はセミナー終了後、私のところまで来られこんなお話をしてくださいました。...