0%

セミナー案内

2020年2月1日

 【経営者様限定セミナー】 10/06(火) 13~15時(オンライン)

              10/15(木) 13~16時                                                              10/26(月) 13~16時      

              10/29(木) 14~16時(オンライン) 

              11/05(木) 14~17時 

              11/13(金) 13~16時                                                   11/16(月) 13~15時(オンライン)

参加料 会場参加 10,000円

    オンライン 6,000円

※いずれも税込みになります。  

会場 東京駅近郊(徒歩5分以内)

※会場につきましては、お申込み後別途ご連絡させて頂きます。

 

信長はなぜ「天下取り」レースの先頭を突っ走ることができたのか?

それは秀吉をはじめとした家臣の「自律化」にヒントあり

信長に学ぶ!

自律社員の育て方セミナー

社員一人ひとりが自社の「経営理念」に基づき、

自分で考えて行動する仕組みを構築

当社セミナーはご満足頂けなければ

100%返金保証いたします!!

→料金は事前支払い、その後ご満足頂けなかった場合はご返金いたします。

コロナ対策も万全を期しております。

1、会場は30名収容の会場(当セミナーの定員は5名)

2、セミナー中は窓を開けて換気をしております。

3、会場内に消毒液を設置

4、講師はマスクもしくはフェイスシールドを着用させて頂きます。

社員一人ひとりが社長の指示を待つことなく、自ら目標を設定、思考し、行動を重ねて、結果を出す「自律型組織」を作るにはどうすれば良いのか?

社員が自身の能力を最大限に発揮し、活き活きと働くことができる「自律型組織」を作るには「経営理念の骨の髄までの浸透」と「社員の価値観・明るい未来へのリンク付け」が大きな2つのポイントとなります。社員が自律して働くためのモチベーションは表面的なきれいごとの言葉や金銭等の一時的な報酬 では絶対に手に入れることはできません。そう言ったものでは一時的にモチベーションを上げる効果はありますが、永続せずにいわゆる「指示待ち」の状態からは永久に脱却できないのです。

当セミナーはそう言ったいわゆるノウハウ的、即効薬に頼ることなく、「人はなぜ生きるのか?」の観点から生き方・価値観の本質を徹底的に掘り下げ、社員が自ら「会社と共に成長したい」と言う思いを1から創出する特別講座です。社員一人ひとりがトップである自身の指示を待つことなく、自ら目標を設定、思考し、行動を重ねて、結果を出す、そしてそれによりトップが本来やるべき経営戦略の立案に集中できる仕組み作りを目指す経営者様のご参加を心よりお勧めします。

セミナープログラム(3時間)

 

1、自律しない社員に対して経営者はこんな不満を感じている!

2、自律しない(したくない)社員の本音とは?

3、社員が活き活きと自分で考えて動き出す5つのポイント

4、経営者が決めるべき戦略立案と社員が考えて動くべきゾーンの線引きはど

  こか?

5、信長の天下統一事業から見る思考とリーダーシップのあり方

6、「天下布武」をかかげた信長の思考の変化と、秀吉を初めとした家臣たちが

  自律の道を歩んで行った仕組みとは?

7、間違ったリーダーシップを実行することで訪れる企業としての最悪な結末

8、社員を正しく自律させることで発展した成功企業の実例

9、信長が実践し、現代の中小企業にも応用出来る社員の自律化のための6つの

  ステップ

次のような経営者様に強くお勧めします。

□社員一人ひとりが自分が指示をしないと動かないと悩まれている経営者様
□社員に「やらされ」「義務感」ではなく、自分の未来につながる前向きな気持ちで働いて欲しいと思われている経営者様
□細かい雑務に貴重な時間をうばわれ、いつまで経っても本来やるべきトップの仕事に手を付けられない経営者様
□社員や組織の成長の停滞を感じていて、今後の業績に不安を感じている経営者様
□仕事が個に依存しており、スキル・経験がノウハウ・仕組みとして会社に残らないと悩まれている経営者様
□社員の気持ち・思い、考えていることが分からないと悩まれている経営者様
□社員全員の思いを1つにして「ONE TEAM(ワンチーム)」を目指されている経営者様

 

参加者様からうれしいお声をいただいております!

◆本来やるべき仕事ができない状況が続いていましたが、社員を自律させることで明確に分ける方向性が見えました。                                         (旅行業 I様)
◆実在した戦国武将の事例からひもとくので、より具体的に社員を自律させる方法が理解できました。                                         (飲食業 O様)
◆トップとして自分がしなければいけないことが分かりました。              (流通業 S様)
◆現状だとジリ貧だと思っていましたが、今後やるべきことがはっきりしました。                      さっそく明日から進めてみたいと思います。                     (教育関連 T様)
◆とにかく楽しく分かりやすい!                                            昔の戦国武将も自分たちのように企業経営に悩みながら生きぬいていたこと、さらに日本人ならではの手法は         まさに日本の先人からヒントを得るべきだと言うことが分かりまし            (IT関連 K様)
◆中小企業での人材の活かし方が主催者の経験談から非常に良く分かりました。       (卸売業 A様)

 厳しい環境の中で悩み・もがかれている中小企業様に大きなご信頼をいただくには理由があります。

当セミナー、ならびに英傑育成座で行っているご支援の最大の特徴は

1、20年ひたすらお客様と同じ厳しい環境下での中小企業で、もがき苦しみながらも社員一人ひとりの本質に光をあて、50名の社員を自律型人材に育て上げた実績と経験
2、「温故知新」その実績と経験を形にするうえで武器とした過去の先人(戦国武将)の命をかけた領国経営からヒントを得た日本人社員のための、日本人社員ならではの、日本固有の経営理論・マネジメント手法

と言う点です。

これは20年、時間的にも資金的にも非常に厳しく、又中小企業気特有のほぼ全社員がスキルや経験が様々な中途入社と言う環境の中で、幾度となく悩み失敗を重ね、試行錯誤しながらまさに身体で覚えた実践法です。

大手や一流企業での経験のみしか持たない方には決して分からない、いわば「戦場」と言う名の厳しい「生き死にの世界」で人材育成をし、生き抜いてきたからこそ生まれたものなのです。

創業10年以内の成長著しい企業がある日突然「踊り場」に迷い込み停滞する状況を自身が所属していた企業の当事者として体験し、又、企業様の大きなお悩みとしてその解決に関わらせていただきました。

その「停滞化」の最大の要因は、社員が「自律」することなく自分で考えて動く企業体質が構築されていないことがあげられます。

経営者様のリーダーシップによる経営→社員が自律して動き、結果を出す経営に移行することで経営者様が日々の煩雑な業務から解放され、本来やるべき戦略立案等の仕事に専念できる職場環境を作りあげる。

つまり経営者様がやるべきこと、社員様がやるべきことを明確に分け自律させることで会社の発展が加速するのです。

又それは先人である戦国武将も同じ課題に直面し、明日をも知れぬ毎日の中生き残りをかけて実践してきたことでもあります。

信長・秀吉・家康をはじめとした戦国時代の成功者たちも社員が自律して動く仕組み作りに取り組んでいるのです。

英傑育成座が目指しているのは信長→秀吉→家康の「戦国の三英傑」の平和な世の中を実現するために天下取りにまい進した成功事例を現代の企業経営に応用し、江戸幕府のような永続する企業経営の仕組みを構築すること、又、その過程で「英傑」となる人材を数多く育成することです。

英傑育成座の門を叩かれ、まさに戦国の三英傑の天下取りのバトンリレーのように社員が自律し、仕組み化することで「踊り場」から抜け出し次の階段(ステージ)に駆け上がる企業様が誕生しています。

次は御社の番です!

 

専任講師/神尾弘和プロフィール

英傑育成座 代表
戦国武将の成功事例を使って中小企業が永続するための仕組みをつくる専門家。
これまで20年中小企業の業務(総務・経理・財務)部門でマネージャー・管理職として勤務し、時間なし・資金なしの厳しい環境の中で50名の様々な経歴を持つ中途入社の部下をお金に頼らない社員の本質からモチベーションを上げ、自律させる。
その際に参考にしたのが学生時代からはまっていた戦国武将の生きた事例。
明日をも知れぬ厳しい状況の中で戦国武将が生き残りをかけて実践してきた経営手法・マネジメント術が「これは使える!」と確信し、現代の企業経営に応用し活用してきた実績を持つ。
「中小企業一筋20年の厳しい環境でのもがき苦しみ試行錯誤しながら生み出した企業の発展の仕組み構築」と「先人の命をかけた日本人社員のための日本人社員ならではの日本固有の事例」を活かすことで、1人でも多くの自律した英傑(人材)を育て永続する企業をつくるご支援をしたいとの思いから「英傑育成座」を設立。
1972年生まれ、国士館大学経済学部卒

 

開催概要

講師 神尾 弘和
日程 上記詳細
※いずれかの日程をご選択ください
会場  東京駅近郊
参加料 会場参加 10,000円 オンライン 6,000円(いずれも税込み)
定員  5名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
主催  英傑育成座(TEL 050-5362-4849)

※キャンセルポリシー(開催日から換算)                                      15日前~7日前 50%                                             6日前~2日前  75%                                             1日前~当日  100%                                             もらい受けますのでご了承ください

 

 

 

お申し込みはこちらから







※キャンセルポリシー(開催日から換算)
15日前~7日前 50%
6日前~2日前  75%
1日前~当日  100%
もらい受けますのでご了承ください
※「記載していただいた個人情報は、ご本人の同意がなければ第三者に個人情報を提供することもございません。
  取得した個人情報は管理責任者を定め、紛失や漏洩などが発生しないよう積極的な安全対策を実施いたします。」





コラム

老中による合議制の仕組みに作りあげたことで265年の永続を築いた徳川幕府

老中による合議制の仕組みに作りあげたことで265年の永続を築いた徳川幕府

組織永続のポイントは「権限の委譲」にあり!    「関ヶ原の戦い」で勝利し名実ともに「天下人」になった徳川家康はその3年後の1603年に江戸に幕府をひらきました。  徳川幕府のスタートです。  その後、この徳川幕府は将軍としては15名・期間としては実に265年と言う長きにわたり日本のかじ取りを行ったわけですが、その要因はどこにあったのでしょうか?...

実質的なトップでありながらも1歩下がった位置で幕府(会社)の未来を見守った徳川家康

実質的なトップでありながらも1歩下がった位置で幕府(会社)の未来を見守った徳川家康

会社の永続を求めるならトップの自分がいなくなった後を考えることが重要!   先日、非常事態宣言が解除されたこともあり、久しぶりに対面でお酒を飲む機会がありました。  そのお相手は現在中小企業の副社長をされている友人。  お父様が現在社長で友人がいわゆる「二代目」と言うことで現在やられているのですが、堅実な経営をされている非常に良い会社です。。...

「ほめる」「しかる」に根拠を追加することで家臣の理解度を高めた秀吉のマネジメント

「ほめる」「しかる」に根拠を追加することで家臣の理解度を高めた秀吉のマネジメント

抽象的な「ほめ方」「しかり方」では部下のモチベーション・気づきにはつながらない!  会社の仕事にかかわらず私たちはほめられればうれしいですししかられれば落ちこむものですが、あなたはこんな経験はないでしょうか?  「ほめられているみたいだけどなぜほめられているのか分からない」もしくは「しかられているけどなぜしかられているのか分からない」と言うことです。  私もこう言う経験があります。...

「理念」と「評価」を一致させて家臣のモチベーションを維持させた信長のマネジメント

「理念」と「評価」を一致させて家臣のモチベーションを維持させた信長のマネジメント

「理念」に沿った「評価体系」を設計しないと社員のモチベーションは低下する! 先日、コロナでの緊急事態宣言解除後はじめての経営者セミナーを開催させていただきました。まだまだ予断を許さない状況ではありますが、対策を万全にした状態で再開しております。 今回はその際に参加されたある経営者様のお悩みをご了承いただきましたのでご紹介させていただきます。...

なぜトップや上司の思いを社員や部下は額面通りに受け取らないのか?

なぜトップや上司の思いを社員や部下は額面通りに受け取らないのか?

トップや上司は時々で社員や部下にたいして対応を変えてはならない!    先日中小企業で管理職(課長)をしている私の友人とお酒を飲んだのですが、その時彼がこうこぼしていました。「同じように接しているのに良い関係を作れている部下と作れていない部下がいる」とのこと。  こう言った話は良く私の周りでも聞きますが、私自身も管理職時代に同じような経験をしました。...

トップや上司は必ず社員や部下を引っ張るリーダーでなければならないのか?

トップや上司は必ず社員や部下を引っ張るリーダーでなければならないのか?

社員や部下を活かす「サーバントリーダーシップ」の考え方  私ははっきり言ってしまうと「人の上に立つ」タイプではありません。  これは昔からまったく変わっていない点であり現在もお客様には「先生」と呼んでいただくこともあるのですが、どうしてもしっくり来ないのが現状です(それでも気持ちだけはしっかりと持っております)...

事務所概要

屋号 英傑育成座

住所 東京都江東区東雲1-8-2-803

代表者 神尾弘和

電話番号 050-5362-4849

e-mail kamio@eiketsu-ikusei.com

事業内容 「先人の知恵」を使った中小企業の組織構築・人材育成支援

お問い合わせ