0%

初めての方へ

自律した社員が会社を成長させる次のステージを目指す方へ

~「中小企業一筋20年、社員の育成50名」の経験があるからこそ実現できる中小企業特化の人材育成プログラム~

初めての方へ

自律した社員が会社を成長させる
次のステージを目指す方へ

~「中小企業一筋20年、社員の育成50名」
の経験があるからこそ実現できる
中小企業特化の人材育成プログラム~

ようこそ、当オフィシャルサイトにお越しいただきありがとうございます。「英傑育成座」代表の神尾弘和と申します。このページをご覧いただきありがとうございます。

私は、「社員が自律的に働き成長する組織構築・人材育成の仕組み作り」を目指し、又、国内では唯一の「戦国武将が生き残った組織作りの知恵」を使い、中小企業の生き残り・成長を加速させる支援・指導をさせていただいております。

少々長くなりますが、まずは私の考え、そして事業に対する想いをご理解いただきたいので、どうか、最後までお読みいただけますようお願いします。

 

我々が目指していることは、「社員1人1人が自律し、活躍する事で成長・継続する組織・会社づくりのご支援」です。会社の理念に共鳴し、社員1人1人が自身の意志で成長して行くことで厳しい環境下にある中小企業が成長・継続する。そのような企業を一社でも多く増やして行くことを使命とし、そんな会社が沢山生まれる世の中をつくりたいと本気で考えています。

社員は「金銭」の報酬のみや「がんばれ」の言葉だけでは成長せず、社員に仕事を任せるタイミングは待ってても永遠にやって来ません

「いつまでたっても通常業務から離れられない」「社員に仕事を任せたいが中々成長してくれない」と言った経営者様・管理職様の悩みは良くお聞きします。

これは社員数が少なく、余分な戦力など全くない、全員の能力を活かし切らないといけない中小企業の永遠の課題と言えます。

年商増に伴う社員の増加・組織の肥大化、事業規模に合わせてトップは社員に権限を委譲する事で日々の業務から解放され、自身は企業の未来を描く戦略構築に特化して行く事が必要です。

しかし・・・

「社員が成長しない」→「日々の業務から解放されない」→「いつまでたっても戦略構築に特化出来ない」
と言う「負のスパイラル」にはまってしまっている経営者様を今まで沢山見て来ました。

ではいつそれが実現出来るのか?結論から言うとそのタイミングは待ってても永遠にやって来ません。

トップである経営者様が覚悟を決め、本気で社員の自律のため、会社の発展のために動く必要があるのです。

先延ばしにすることで訪れる結末

「いつかは」との思いで時間を言い訳にして「自律した社員の育成」を先延ばしにするとどうなるのでしょうか?

それは私自身も経験してきました。

売上が伸び会社規模が大きくなっているにも関わらず、社内は創業当時の旧体制の組織、変わらない社長主導のトップダウンの経営。これは「金無し・人無し・時間無し」のベンチャーや中小企業では良くある光景です。

「先延ばし」の先にあるのは「組織・社員のモチベーションの崩壊」「社員の離脱」「指示待ち社員の蔓延」です。そして経営者様はいつまでたっても社員の一挙手一投足を見ないと気が気ではないと言うおよそ企業組織とは思えない状況が永遠に続くことになります。

年商増に伴う業務の増加、それに対して組織が旧体制のままでは業務が煩雑になり社員の負担は増すばかり、それを受けて「自分の仕事で精いっぱい」「他部署など関係ない」と言う考えが蔓延し「組織」としての体をなさない状態になる。

その先にあるのは大量の社員の退職・離脱です。「こんな会社にいられない」とばかりにどんどん社員が辞めて行き、人の入れ替わりが激しくなる、更にノウハウの蓄積ができない等の負の要素も加わり現場は大混乱をきたします。

指示待ち社員に逐一指示を与える必要があるため、トップである経営者までもが通常業務に駆り出され、いつまでたっても本来やるべき「戦略構築」などには特化できる環境が整わない、目の前のことで精一杯で「未来の展望を描けない」と言う悪循環を繰り返すことで企業の成長は止まり、衰退して行くのです。

これは私自身がすべて経験して来た事実ですが、本当にこの状況に陥っている中小企業は多いと言う現実があるのです。

自律した社員を育成して会社を成長させる

「そんな中小企業の悩みを自身の経験からご支援したい」と言うのが私の心からの思いです。

何度かの転職をする中で色々な中小企業の現実を目の当たりにしました。自身の力不足もあり、管理側のマネージャーでありながら倒産の結末を迎えてしまった勤務先もあります。

その企業の最後の状態はまさに先ほどの「末期」でした。どん底を経験しているからこその「自律した社員を育成して会社を成長させる」ご支援をさせて頂きたいとの思いがあります。

しかしそれは全てトップである経営者様の「覚悟」と「実践」の両輪をまわすことにかかっています。

「覚悟と実践の両輪を回し続けることでのリーダーシップ」→「自律した社員を育成するための適切な権限移譲」→「仕組みを構築することでの会社の成長」。この「正のスパイラル」をまわし続ける事で自律した社員が育成され企業の成長は永続的に続いて行くのです。

厳しい自社の現実から目を背けずに真っ向から受け止め、何があっても「社員1人1人が自律し、活躍する事で成長・継続する組織・会社」を作りたいとの思いを持つ経営者様を全力でご支援させて頂きます。

私の考えにご賛同いただけるようでしたら、ぜひ一度主催セミナーへお越しください。お客様のために、そして社員のために「成長・継続する組織・会社つくり」を目指す経営者様とのご縁を心より願っています。

                                                    英傑育成座
                                                  代表 神尾弘和

事務所概要

屋号 英傑育成座

住所 東京都江東区東雲1-8-2-803

代表者 神尾弘和

電話番号 050-5362-4849

e-mail kamio@eiketsu-ikusei.com

事業内容 「先人の知恵」を使った中小企業の組織構築・人材育成支援

お問い合わせ